Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン) Writing Bureau

2021.02.21 デザイナーズ家具, ビューロー・デスク, 北欧家具

こんにちは。

今日はかなり良い天気。
心地よい日差しと気温が心地よい春日和です。

まだまだ寒暖差があるものの、春の日差しが心地よい午後。
外へ出かけたくなりますね。

まだまだ緊急事態宣言中の大阪では、リモートワークの方も多いようで
ご自宅使いのデスクを探されている方も。

ヴィンテージ家具だとライテンィングビューローやデスクがそれに相当し、
せっかくでしたらデザイン性も、とご覧になられることも多いアイテムです。

その中でも、スペシャルな1台が入荷しています。

_MG_0531

 

 

Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)デザインのライティングビューロー。

_MG_0562

靴下を履いているかのような、「ブーツカット」とも呼ばれる仕上げが特徴的。
脚部先端が切り返しになっています。

また、引き落とし扉の取っ手と下の引き出しへと続く、スクエアのハンドル。
アイキャッチにもなり、どことなく表情豊かに。

_MG_0532

 

 

デスク使いの際扉部分と天板との衝撃を和らげてくれる戸当たり。
それでさえ、デザインの一部となって控えめに付属しています。

_MG_0533

引き出しハンドルは、指を添えた際に奥にまで深く収まるような造りに。
指を入れて引き出す際には安定した状態で引き出しが可能です。

_MG_0535

引き落とし扉には、鍵が付属します。
真鍮の鍵フレームが、チーク材と好相性。
落ち着いた印象と深みを出してくれます。
_MG_0536

左端には、黒くシミのようになっている箇所がございます。
_MG_0537

引き落とし扉の内側は、機能的な造り。
書類や細々としたデスク小物の収納に適しています。
ラック、引き出しとともに無駄なく配置。

_MG_0540

棚の端にはマグネットキャッチを取付けており、急な扉の落下を防ぎます。
_MG_0542

左上の引き出しは、いずれもスムーズ。
ハンドル部分の取っ手や、側面の継なども丁寧に仕上げられています。
_MG_0543 _MG_0545 _MG_0546

ところどころに感じるレトロな雰囲気。インク染みでさえ愛嬌を感じます。_MG_0548

_MG_0549

 

 

鍵部分は内側も真鍮。
マイナスネジとともに、時代を感じます。

_MG_0550

 

それぞれの引き出しはいずれもスムーズに開閉します。
深さもあり、収納力も申し分なくご利用になれます。
洋服だけでなく、書類関係もスマートに収納いただけます。

_MG_0551

 

引き出し部分の側面をご覧いただくと、安心感を得られます。
側板には彫り込みがあり、桟で受けるため、開閉はスムーズです。
引き出しの下で受けるものもございますが、側面彫り込みによる方がスムーズです。

_MG_0552

 

引き出し自体もコンディションがよく、底板もコンディションは悪くありません。

_MG_0554

 

細かな継で仕上げられていますので、外れることなくご利用になれます。

_MG_0555

こちらは蟻継に。
より外れにくく、強固な接続方法。
_MG_0557

 

 

天板が広いため、パソコン作業もスムーズに。
机の高さ、チェア座面の高さと合わない場合は、脚のカットも承ります。

_MG_0564

クラシックなデザインが、より現代のノートPCやタブレットとも相性良く、
コンパクトでありながらも、小さな書斎として活躍してくれます。
_MG_0569

現在の奥行きで、パソコンがスマートに収納可能。
_MG_0571

それぞれの接続金物は、60年の月日を得ても不具合がなく、
まだご利用になれる状態です。
_MG_0573

 

 

脚部はオーク材。
明るい仕上げで、本体との色調が見事に配色。ツートーンカラーに。
1950年終盤〜60年代初盤にかけて、このようなコントラストはよく見かけます。

_MG_0576

 

 

天板は、角度によってコンディションの程度が異なりますが、
天板塗装の必要がなく、現状のコンディションでも問題はないと判断したものです。
オイル仕上げですので、乾燥の時期には、メンテナンスオイルにてお手入れをお願いいたします。

_MG_0577

コーナーはやや突き板の剥がれが見られます。
_MG_0578

 

 

ゆったりとした幅100cmですので、ライティングビューローとはいえ、ワークトップに余裕も感じます。
作業の時には、資料やファイルなど、手元に置いておくことも可能。

_MG_0580

ご家族で使用する、リビングのパソコン台として。
リモートワーク用の作業テーブルとして。
飾り棚として。

様々な用途でご利用になれるアイテムです。
ぜひ、ご覧くださいませ。
_MG_0527

Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン) Writing Bureau
幅 100  奥行き46 ・79   高さ120   机高76 cm
本体価格:300,000円

 

 

Share on Facebook

お問い合わせはこちら