デンマーク サイドボード

2021.02.02 北欧家具, 新入荷

こんにちは。

2月が始まりました。

今年は28日まで。
そして、2月15日(月)はハービスENTの定休日。

先月よりも実質4日少ないので、あっという間に過ぎ去りそうな気もします。

店内は2月14日までは、【Ethnic Interior Fair】として一部エスニック小物を展開。

トルコキリムや、タイやインドの雑貨と一緒に北欧家具をディスプレイ。

多国籍コーディネートをご提案致します。

新しいアイテムも入荷しています。
コンパクトなデンマークのカップボード。

_MG_0578

 

丸い把手に、杢目の美しいチーク材の扉。
赤みを帯びた塗装の仕上げ。
ハの字に開いた脚が可愛い。

1台置くだけで、お部屋の雰囲気が北欧テイストになりそうな家具。

_MG_0582

そもそも、引き違い扉という点がポイント高いです。
開きの観音扉よりも、全面開口スペースが省スペースで良いため、
とりわけ日本ではお問い合わせの多い扉仕様です。
_MG_0590

スルスルとスムーズな開閉の中には、棚板が2枚付属します。
食器棚や、シューズボックスとしてかなりの収納力が見込めそう。
_MG_0591

 

 

 

中央の扉は左に引きます。
こちらも左側扉とつながっていますので、本や食器、リビングのこまごまとしたアイテムもスマートに仕舞えそうです。
_MG_0595

少し変化が見られるのは、右側扉。
こちらの中には、トレイが4杯付属しています。
それぞれ、取り外しも可能。位置も稼働可能。
書類はもちろん、雑誌でも、カップでも難なく収納いただけます。
_MG_0596

元々も、このように2杯はフェルトで底が養生されています。
フェルトは店頭でも、張り替え済み。
綺麗なフェルトがとても気持ち良くご利用になれます。
ヴィンテージが初めての方にも。
_MG_0597

引き出しやすく、手前は浅めに、奥は落下しないように高さのある側板が使用されています。
細かな点まで気が配られています。
_MG_0598

引き出しとはいえ、丁寧な造りはホッとします。
フェルトは、グラスなどのほか、カトラリー収納に便利です。
傷をつけず、引き出す際に底板に当たって音の緩衝にも役立ちます。
_MG_0599

外した状態でも、位置を詰めても問題ありません。
それぞれの引き出しが宙に浮いたようなデザインも素晴らしい。
_MG_0603

扉を閉じて置くと、佇まいはとても静か。
和室にも合いそうな雰囲気は、把手部分の意匠が起因。
なんだか落ち着くのは、こちらは襖の把手からのデザインだと思われます。
_MG_0605

天板には、インクの跡も。
こちらの家具の、60年程度の長い年月を思い起こして想像します。
色々な傷やシミ、それも含めてヴィンテージ家具、なのだと思います。
_MG_0607

少し使用感は見られますが、なんともヴィンテージ感の強い風合い。
ご理解のいただける方に。
_MG_0608

とはいえ、それほど目立つダメージなどはありません。
_MG_0610

幅120cm台の収納家具をお探しの方。
シンプルですっきりとした、北欧らしい佇まい。
ずっと一緒に過ごせそうです。
_MG_0585

北欧ヴィンテージサイドボード
幅120  奥行44  高さ115.5 cm
本体価格:250,000円

_MG_0581

Share on Facebook

お問い合わせはこちら