Kai Kristiansen NO.42 chair 1

2020.09.20 チェア, デザイナーズ家具, 北欧家具

202009autumn1

 

こんにちは。

ハービスエント3Fで開催のオータムフェア。
ただいま 当店、アトリエ木馬さん、プラスカーサさんの3店舗で合同フェアを開催中!
地下1階フロアにて、ディスプレイを行っています。

ぜひ、ご覧くださいませ。

そして本日のご紹介は、ディスプレイしているこちらのチェアを。

IMG_9801

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)NO.42。
いわずとしれた、名作です。

デザインも座り心地もお値段も、全てにおいて『ちょうど良さ』を感じる椅子。
さりげない美しさを兼ね備えています。
IMG_9803

アームから真っすぐに繋がる後脚。
曲線と直線とが余分が無くて美しい。
本当にただ美しい佇まいです。
IMG_9804

こちらは、輸入時のそのままの生地を利用しています。
光沢があり、柄が浮き出ている様に見えます。
上品なモチーフが、モダンなグリーンの色合いで調和してくれます。
IMG_9806

光の具合によって、光って見えたり、落ち着いて見えたり。
現代にはなかなか見られない生地ですので、そのままご利用になられる場合には魅力的です。

IMG_9807

1箇所、生地のホツレが見られます。
引っ掛けられている様になっています。
IMG_9808

後ろ姿も美しく、内側に入ったデザインが見事です。
IMG_9812

こちらのチェアがオブジェのように見えるのは、恐らくは脚の貫を付属していないからでしょう。
強度は、開かれた後脚でバランスを取っています。
IMG_9811

擦れが見られがちな背の上部も汚れや擦れは見られません。
IMG_9813

座面の手前部分も大きな使用感は感じられません。
IMG_9814

現代の復刻版は、座面の固定がされていますが、オリジナルは取外しが可能。
IMG_9815

裏側は、ウェビングテープで仕上げられているので、適当な座り心地が堪能いただけます。
ダイニングチェアよりはゆったりと、ソファほどには場所も取りません。
IMG_9817

はめ込むだけで安定感を増してくれます。

IMG_9822

 

 

こちらのフレームはチーク材。
触れるごとに適当な飴色へと変化していきます。

IMG_9823

 

ヴィンテージ家具ですので、細かなキズや一部の色褪せ箇所などは見られます。

IMG_9824

 

 

光の具合で、随分と明るく見えますが、こちらは同じチェアです。
お部屋の中で、良いアクセントになるのではないでしょうか?

202009autumn1

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)NO.42チェア
幅 53 ×奥行き 55 ×高さ 75 (座高 45 )cm
本体価格:100,000円

※張替えをご希望の方はご相談下さい。125,000円〜承ります。

Share on Facebook

お問い合わせはこちら