Poul・M・ Volther Side Chair

2020.08.29 チェア, 北欧家具

こんにちは。

まだまだ残暑は厳しい日が続きますが、日に日に日が落ちるのが少しずつ早くなっているのを感じます。

朝と晩には、少し涼しくなった気もしますし、
少しずつ秋の気配が近づいていますね。

本日のご紹介は、デンマークのデザイナーチェア。
「Poul・M・ Volther(ポール・ヴォルター)」のアームチェア。

_MG_9870

 

貼り生地が異なると、雰囲気も変わります。
デンマークの生地メーカー「Danish Art Weaving(ダニッシュ・アート・ウェービング)」の生地で張り替えしています。
北欧らしい、強弱のついたストライプは、モダンな印象を与えてくれます。

_MG_9855

サイドチェア、と呼ぶのが適しているのでしょう。
ゆったりと寛ぐ、というほどではありませんが、腰掛けて本を読まれたり、モバイルを触ったり。
アーム部分に肘を乗せて、ゆったりとした時間を過ごす際には、ちょうどよいサイズ感。

_MG_9859

 

 

背もたれの雰囲気がオススメ。
やんわりとアーチになった背もたれに、接続されています。
背面をご覧になることも多い、自宅でのチェアの配置ですが、少し変化がある方が見応えもありそうです。

_MG_9861

このように、2脚をL字に配置いただいても、様々な角度をご覧頂くことができます。

_MG_9863

配列いただいても良さそう。
ソファの2人掛けは、見た目のデザインとしては収まりが良く、人気ですが、
ゆったりと腰をかけて頂く際には、一人がけチェアの方が便利です。

_MG_9864

フレームは、オーク材。
飴色に焼けて、いい色合いに変化しています。
触れたくなるような、アームの曲線。
とても美しいチェアです。

_MG_9866

個人的にオススメな角度。
背もたれは、軽やかですが、ゆったり広めですので、ホールド感があります。
角度も絶妙。
リラックスチェアというよりは、作業時の休息椅子という感じの角度です。

_MG_9869

 

 

ご自宅でのリビングはもちろん、カフェや事務所の打ち合わせスペースにも重宝しそうなアームチェア。
同型でありながら、生地違いという遊び心がくすぐりますね。

_MG_9878

昨今、オフィスのあり方も変わりつつありますが、ご自宅でのリビングづかいも変わってきそうですね。
コンパクトにフレキシブルに。
あらゆる目的に応じて動かせるような配置、アイテムのセレクトが望ましいのではないでしょうか?
_MG_9882

Poul・M・Volther(ポール・ヴォルター)アームチェア
幅 66  奥行き 59  高さ81.5   座面高  46  cm
本体価格:150,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら