デンマーク ヴィンテージ デイベッド2

2020.05.31 ソファ, 北欧家具

ハービスENT営業時間は 11時〜19時になります。

 

こんにちは。

営業が再開しまして、1週間。
お久しぶりのお客様や、WEBをご覧いただいて、実際の商品をご確認にご来店いただいたお客様など、
とても有り難くご来店いただきました。

なかなか、以前同様に出歩かれることを懸念されることも多いかと思いますが、
できる限りで店頭商品をご覧いただく機会を設けることができれば、と思っております。

本日は、最近お問い合わせも多くいただいていますデイベッドをご紹介いたします。

IMG_0007

デイベッドといえば、【Hans J. Wegner(ハンス・ウェグナー)】とリンクされている方も多いかと思います。

こちらをご覧いただいて、「あれ?」と思われる方もいらっしゃいますが、
当時にデンマークで模倣してデザインされた家具であると想像します。
IMG_0009

 

材質や仕様は、ウェグナーのGE258と同様。
脚部取り外しの可否、デザイン、背もたれの角度、が大きく異なりますが、
背もたれを持ち上げてベッドになる、背の部分が収納になる、という点に関しましては同様。

IMG_0014

 

片側から持ち上げることによって、簡単に動作できますので、女性でも楽々。
使い勝手の良いデイベッドとしてご使用いただけます。

IMG_0015

 

背もたれをあげますと、シングルベッドと同様のマットレスが現れます。
貼り生地は新しいもので交換済み。
中のウレタンは当時のそのままですが、まだまだご使用いただけるコンディションです。

IMG_0016

 

ファスナーが付属しますので、着脱も可能。
季節に応じてカバーを作成しておくと、便利ですね。
背もたれは、カバー交換できませんが、配色にしてもおしゃれです。

IMG_0017

 

マットレスは取り外し可能。
外した状態は、このようにすのこ状に。
当社の補強で、ウェービングテープと交差させています。
こうすることで、全体的なフレームの揺れを防げます。

IMG_0018

 

拡大しますとこのような状態に。

IMG_0019

 

ビーチ材は木目がおとなしく、明るい材です。
様々なテイストのお部屋にも調和し、また、他の材質とも馴染みます。

IMG_0023

 

天板部分は目立つ傷もなく綺麗な状態です。

IMG_0024

 

背中は、このようにベニヤ仕様。
しっかりとお化粧されているわけではありませんが、そのまま配置いただいても問題ありません。

IMG_0027

 

 

 

 

 

 

 

 

六角ボルトで解体は可能ですが、座面部分に副え木をし、ウェービングテープを取り付けていますので、
解体した状態での搬入は出来かねます。

集合住宅の場合は、エレベーターの間口高さ、中の天井高、奥行きを計測下さい。
また、玄関〜廊下、設置場所までのそれぞれの間口、高さなどのご確認をお願い致します。

IMG_0033

 

マットレスを外した状態だと、両サイドから持ち上げての移動もしやすくなります。
当店は女性スタッフのみですが、2名で持ち上げて移動も可能です。

IMG_0032

 

幅は206cmですが、高さが無いため、とてもスマートな印象になります。
単色は、クッションやラグで柄を合わせることができるため、人気です。

こちらは、Ribaco社の生地(N.C044)で張り替えしています。
キリムやリネンのクッションを並べて、アクセントにされても華やかです。
インテリアを邪魔しない、ベーシックな人気のカラー。
お部屋をスッキリと見せてくれます。

IMG_0007

ヴィンテージ デイベッド
幅 205 奥行き92.5 高さ72 座面高 40 cm
本体価格;180,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら