【新入荷!】イギリス ヴィンテージサイドボード

2018.11.25 サイドボード, 新入荷, 英国家具

こんにちは。

先日は3連休の方も多かったようですね。

館内も、連休初日、中日はいつもよりお客様も多くご来店いただきました。
紅葉もピークの時期でしたので、買い物の方は少ないのでは・・・?と懸念していましたが、少し安心した週末。

ご来店いただいたお客様からも、ブログやインスタグラムは良く見ている、というお声もいただきまして
益々の更新をしなければ。。。と思い早速更新。。。

先週入荷したばかりのコンパクトなサイドボードをご紹介致します。

IMG_7156

こちらは、イギリスの家具メーカー『Beautility(ビューティリティー)社』のサイドボード。
シンメトリーのデザインが新鮮で、格好良いデザインです。

表面からは分かりづらいのですが、こちらは実はアールになっています。
両サイドが膨らみ、中央がすぼんだデザイン。
とても美しく、スマートに見えます。
IMG_7165

サイドからご覧いただくと、分かりやすいでしょうか?
IMG_7170

両サイドは、開きの扉に。
ハンドル部分もやや曲線になっていて、美しく。
杢目も奇麗に出ていて、チーク材の良さを堪能いただけます。
IMG_7142

扉の中は、固定の棚板が1枚。
雑誌等は、横向きに入れていただくとかなりの量は収納出来そうです。
食器棚としてのご利用にも向いています。
IMG_7145

扉の内側に、メーカー名のシールも現存。
IMG_7144

左右の扉自体は、180度開閉可能な蝶番になっていますので、取り出しやすいのではないでしょうか?
金具も全て、当時のそのままを使用しています。
IMG_7154

中央の引き出しは3段。
広くて使いやすいデザイン。
もちろん開閉もスムーズ。

IMG_7146

1段目は引き出し表面の装飾も見事。
彫り込まれています。
彫り込む事が可能なこちらの部分は、チークの無垢が使用されていて、贅沢な仕上げです。

IMG_7160

恐らく、フェルトが貼られていたのでは無いかと推測出来る、底板。
フェルト跡が残っています。
奇麗に剥がしてお渡しですが、こちらに緑のフェルトを貼ることも出来ます。
IMG_7152

2段目と3段目は底板も奇麗。
引き出しも前面も湾曲しているのが分かりますでしょうか?
直線的であるはずの引き出しまで、美しくデザインされていることは、見ていても楽しいものです。
IMG_7149

さらに、接続も細やか。
丁寧な仕事ぶりを垣間みる事が出来ます。
IMG_7151

天板には、やや使用感も。
角には細かな打痕。
作製されて50〜60年ほどの歳月が経過しているので、ある程度は致し方ないですね。
当店は、ダイニングテーブル以外の天板塗装はほとんど行っていません。
ピカピカではありませんが、古いものに宿るその雰囲気や背景も楽しんでいただける方にはお薦めです。
IMG_7162

最も深い部分で44cmの奥行きです。
スマートな印象はこのデザインだからこそ。
IMG_7166

光が反射して分かりづらいのですが、少し水染みもあります。
IMG_7168

イギリス「Beautilityビューティリティー社」サイドボード
幅184 奥行き44 高さ77 cm
本体価格:135,000円

 

180cm台のサイドボードも近年は稀少。
出来るだけスリムなサイドボードをお探しの方、お早めに。

お得な館内イベントは、月末まで!
ぜひご利用ください。

ぜひこの機会に。

スクリーンショット 2018-11-11 19.40.40
【10,000ポイント プレゼントキャンペーン開催中!!】
11 / 30 まで。

Share on Facebook

お問い合わせはこちら