Hans J.Wegner(ハンス・ウェグナー)GE290入荷

2018.10.15 北欧家具

こんにちは。

駱駝店では、21日まで絨毯展を開催しています。
一時的に、北欧.Styleの家具を駱駝店の方に移動しています。

窓が大きく、白い壁が一面にあるこちらのスペースでの陳列はとても新鮮。

省スペースですが、北欧家具がより引き立てられていますので、ぜひこちらの売り場でもご覧ください。

さて、久しぶりに入荷しました。

GE290ローバックソファ。

IMG_5711
1950年代に作製され、はや60年〜70年。

現代でも作製されているデザインにはやはり理由があります。

側面から見ると、脚部と座枠との接続や、傾斜の角度をご確認いただけます。
ソファは、身体の全体中を全て受ける家具。

デザインが良くても、不安定だと座れません。
GE290は、強度と見た目のバランスにこだわり、強くて美しい椅子として現在でも作り続けられているのでしょう。

IMG_5713

 

身幅はやや細めですが、男性でもゆったりと座っていただける寸法。
手を乗せる、アーム部分のオーク材の手触りが、心地よく、触感もお楽しみいただけます。

IMG_5710

 

さらに、こちらのソファはフレームとなっている、オークの材質がとても良い雰囲気です。

IMG_5714

 

クッションは、背と座との着脱式。
枠から取り外す事が出来るので、お手入れもしやすく、後々のメンテナンス(ウレタン交換やカバー作製等)も
容易なデザイン。

IMG_5703

 

座面部分は、スプリングが施され、クッションの下からも体重を受けてくれます。

IMG_5704

 

座面裏のスプリングは、このような形状。
ループになっているスプリングは、計6本取り付けられています。

IMG_5705

フレームには、もちろん焼き印が残っています。

IMG_5708

 

生地は、オリジナルファブリック。
肌触りの良い、綿とウールとの混合素材。
茶色ベースに、ベージュのラインが柔らかく、モダンな印象。
1箇所、座面にほつれ箇所が見られますが、まだまだご利用になれます。

IMG_5723

 

 

 

背中は、擦れや破れも無く、良いコンディション。

IMG_5724

 

クッションは、裏面は無地ですので、反対を向けてご利用いただく事も可能です。(背中の面は日焼け跡がありますね。。)

IMG_5726

 

現行品では、ビーチ材が多いなか、ヴィンテージでは無垢のオークフレームで。
丸みがあって、経年によるあめ色のフレームが良い感じですね。
杢目もハッキリ出ていて、経年変化による色の変化を楽しんでいただけます。

IMG_5727

 

アームも然り。
オイルを入れた所ですが、しっとりと手触りが良く、滑らか。
広めのアームは、マグカップやリモコン、スマートフォンなどの一時置きとしてご利用になられる事も。

IMG_5728

 

左側のアームは、大きな杢目が特徴的。
自然のオイル仕上げのフレームは、この上なく贅沢な手触りです。

IMG_5729

 

年々、稀少になっているデザイナー家具。
手に入るうちに招いて、少しでも長くご利用になられて欲しいです。

IMG_5717

Hans J.Wegner(ハンス・ウェグナー)GE290
幅76 奥行き85 高さ70 座面高38 cm
本体価格:250,000円

張替えご希望の場合、300,000円で承ります。(※ご選択される生地により、追加料金をいただきます。)

Share on Facebook

お問い合わせはこちら