イギリス Beautility(ビューティリティ)サイドボードご紹介

2017.06.29 サイドボード, 英国家具

こんにちは。

ただ今、プレセールを開催中ですが、月末30日(金)からは、館内の【夏のセール】を開催致します。
本セールならでは、のお得な特別プライスも限定で登場予定です。

セール開催後より、ご紹介していきますので、しばらくお待ち下さいませ。

さて。
本日のご紹介は、イギリスのヴィンテージサイドボードです。
取っ手のデザインが特徴的な、【Beautility(ビューティリティ)】社の60年代の作品。
遠くからでもその存在感を感じる事が出来ます。

IMG_4868

取っ手以外にも、見所がたくさんのこちらのサイドボード。
プロポーション自体も美しく、180cm台のサイズ感も程よいかんじです。

IMG_4843

右側は、観音開きですが、中央の扉は引き落とし。
開けられる時に以外な方向に開くため、驚かれる事もしばしば。
IMG_4846

扉の内側には、メーカー名のシールもそのまま現存。
IMG_4850

棚板は固定ですが、手前には背の高いものを収納いただけます。
開閉はスムーズ。
IMG_4851

引き落とし扉には、真鍮のステーが付属されており、まだまだ現役でご利用になれます。

IMG_4855

もともと、引き落とし扉の部分は、簡易なホームバーとしての役割を担っていた様です。
その為、棚板は比較的の奥に配置され、扉内側には、汚れない様に、とメラミン化粧板が貼られています。
IMG_4853 IMG_4846 IMG_4852 IMG_4854

引き出し部分はとてもスムーズ。
広いので、引き出しにくいかと思いや、大振りのハンドルが良い仕事をしてくれます。

IMG_4859

このような細部処理に惚れ惚れします。
IMG_4860

引き出しの取っ手。
つい手をかけたくなるようなデザインと仕様です。
IMG_4863

手にしてみました。笑
IMG_4864

このようなサイドボードは、食器棚、リビング収納、ブックシェルフとして、など色々な用途でご利用になれます。
造り付け家具が一般的になりつつある、昨今の住宅事情ですが、改めて置き家具にも注目が集まっています。
大容量で、普段はスマート。
杢目の奇麗なチーク材の家具は、経年変化も楽しんでいただけるので、愛着を持ってご利用になれるのではないでしょうか?

IMG_4873

存在感のある、収納家具。
スッキリ見せてくれます。
IMG_4845

イギリスBeautility(ビューティリティ)サイドボード
幅183 奥行き43 高さcm
本体価格:135,000円 → 10%OFF  121,500円

ぜひご覧くださいませ。

1706summersale_1

『北欧.Style+1』『英国.Style+1』の2店舗でプレセール開催中!

6月中は、一般セールではありません。
必ずお葉書または、ブログ画面をご提示下さい。

日本民芸陶器各作家さんの器も、プレセールでは5%offになります。
ぜひ、この機会に!

Share on Facebook

お問い合わせはこちら