Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)ローボード入荷

2017.06.09 サイドボード, チェスト, デザイナーズ家具, 北欧家具, 新入荷

こんにちは。

全国的に梅雨入りになりましたね。

先日、雨の京都に出かけてきました。
目的は、『猫展』と『よしもと祇園花月』。

江戸時代、養蚕業の鼠よけとして飼われていた猫。
その愛らしさや擬人化されるほどのキャラクター性は今も昔も変わらず。
京都文化博物館は、レトロな外観や内装も素敵です。

今週末までですので、行かれる方はぜひ。

kyoto1 kyoto2 kyoto3  kyoto4

さて、店頭には珍しいアイテムが入荷しています。
『kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)』ローボード。

IMG_3991

 

 

コンパクトなローボードはお問い合わせも良くいただきます。
幅150cm以内で脚付きで、引き戸デザインで…という要望は良くいただきます。
出来るだけ、スッキリとコンパクトに収めたいですよね。

IMG_4000

 

それでいて、デザインは格好良い方がいい…。

シンプルではありますが、こちらのミニボードはいかがでしょうか?

IMG_4005

 

シンプルすぎる、と思われそうな扉2枚で構成されている表面デザイン。
右側扉を開くと、トレイが3段出てきます。

IMG_4008

 

こちらはビーチ材で作られているので、明るい色目。
スムーズですし、引出し手前が手をかけやすいようにアールになっています。

IMG_4009

 

さりげないデザインは嬉しいですね。

IMG_4016

 

これほど小さなトレイですが、造りは秀逸。
側面はきちんと組まれていて、桟にも対応出来るように側板には彫込みも。

IMG_4017

トレイの底は、グリーンのフェルトで養生されています。
カトラリーなどの収納を考えて、キズが付かないように、との考慮でしょうか?

IMG_4010 IMG_4011

高さも変える事が出来ますが、こちらは桟を移動する仕組みに。
取り外しも可能で、引出し設置の下部にも可動用の穴が3カ所空いています。
IMG_4013 IMG_4015
トレイの内寸法は、幅37cm 奥行き32 cm。

雑誌の収納も可能です。

扉左側は棚板が1枚付属しており、都合の良い箇所で棚板を設置する事が出来ます。

IMG_4018

 

天板には、1カ所焼けしみの跡が見られます。
何か熱いものを置いてしまったのでしょうか…

IMG_4019

 

外枠の角の始末がスマートで素敵です。

IMG_4021

 

側面は、チークの木目の大きな箇所が使用されています。
角にも突き板の欠けなどは見られず、良いコンディションでは無いでしょうか?

IMG_4026

 

背板もシール跡なども少なく、良いコンディションです。

IMG_4027

 

向かって右側の側面が水シミになっています。
上部が白っぽくなっている箇所に、オイルを入れる事は出来ますが、
それでも黒くなった輪郭は残りそうです。

IMG_4028

 

 

 

 

大型ソファのサイドにちょうど良いバランス。
照明や、花器を合わせても収まりが良いサイズです。

IMG_3993

1台限りですので、気になられる方はお早めに。

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)ローボード
幅86 奥行き40 高さ76 cm
本体価格:150,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら