北欧ヴィンテージ レザーソファ その3

2015.11.13 ソファ, 北欧家具

1511kilim&sofa

こんにちは。

本日より、開催!
ハービスエント、及び加盟店でご使用いただける『阪急阪神おでかけカード』のお得な情報です。

1447038467261022001

『阪急阪神おでかけカード 10,000ポイントプレゼントキャンペーン』
日時:11/13(金)~11/30(月)

 期間中にカードをご呈示のうえ、加盟店で合計10万円(税抜)以上ご利用で、阪急阪神おでかけカード10,000ポイントをプレゼント。

おでかけカードは、即日発行可!10万円お買い物の方が最もお得♡。
12月18日に10,000ポイントが入ります。

家具をご検討の方には、嬉しいキャッシュバックになるのではないでしょうか?

さて、本日のご紹介はこちら。
黒のローバックソファです。
IMG_0217

意外に小さくてコンパクト。
搬入時には“場所を取らない簡易なソファだな”と思っていましたが・・・!
侮れません。
この方、スペック高過ぎます!
IMG_0218

その1:本革。
フェイクレザーかと思っていましたが、かなり柔らかな本革。
クッションが適当で気持ちいいのです。

IMG_0219

その2:角度。
『椅子』や『ソファ』は目的により形状も寸法も様々。
“奥行き”と“角度”、そして“座面高”によって、安楽椅子なのか作業用なのか?分けられます。

こちらのソファは、女性が座っても深すぎず、傾きすぎず、それなのに、肩と腰をしっかり支えてくれて寛げる!!!
という見た目を裏切る座り心地の良さを備えております。

これはぜひ、【騙された】と思って座ってください。

IMG_0226

その3:脚部がローズウッド材。

チーク材でもビーチ材でもなく、【ローズウッド材】です。

とても贅沢。

なぜなら、ローズウッドは、1970年以降、ワシントン条約により伐採に制限がかけられたため、稀少であり家具にはほとんど使用されなくなった材質です。

 

杢目が大きく、かなり硬い木。
強度を要する、【把手】や【脚部】のパーツ使用にうってつけの材質なのです。

ソ身体を預けるファの脚部に使われているとは。

安心して座っていただけます。

IMG_0225

その4:スネークスプリング。

座面の裏側を見ると、このように。
現在では、ウェビングテープでの仕上げが多いですが、1960年代のソファは、この蛇のようにウネウネとした形状の【スネークスプリング】が使用されています。

伸びることも無く、丈夫。
適当な硬さも確保出来ます。

縁の下の力持ち、的重要な役割を担ってくれています。

 

 

 

 

 

ゆったりと寛ぎたい時や、すぐに動かなければならない時など、さまざまなシーンにも対応してくれそうなソファ。

IMG_0220

 

 

 

 

本体もクッション部分も大きなダメージはありません。
背の左下に凹みが見られる点と、座のキルトに薄いシミが見られます。

IMG_0228

 

 

 

 

 

黒はインテリアに合わない・・・と思われる方、
ぜひ、足下にキリムを敷いてみてください。
華やかになり、レザーのハードさも、黒の重さも軽減してくれます。

IMG_0231

おまけに、足下も寒くない!

一石二鳥!

万能選手のソファ、ぜひ店頭にて座ってみてください。

北欧ヴィンテージ 黒レザーソファ
幅  奥行き  高さ  座面高  cm
本体価格:150,000円

Share on Facebook

お問い合わせはこちら