Hans J.Wegner GE290A ハイバックチェア

2015.09.10 ソファ, デザイナーズ家具, 北欧家具

※大阪店(北欧.Styleと英国.Style)では、スタッフを2名募集します。
詳細は、リンク先をご確認ください。

 

こんにちは。

本日は、大阪店で最も座り心地の良いソファをご紹介致します。

IMG_0081

デンマークの巨匠、Hans J.Wegner(ハンス・ウェグナー)のハイバックチェアです。

 

以前のブログで、GE290ローバックチェアをご紹介しましたが、さらにヘッドが付いて極上の座り心地。
IMG_0085

張り生地も、デンマークの【Danish Art Weving ダニッシュアートウェビング】社の生地にて張り替え&ウレタン調整交換済み。
非常に気持ち良く座っていただけます。
サイドから見たラインが美しい椅子。
眺めているだけで、その座り心地を感じることができますね。

 

 

ゆったりと身体を預けたくなるような椅子です。

IMG_0086

 

 

 

クッションを乗せるタイプですので、お手入れもしやすく、移動の際にも軽く持っていただけます。

背後からのシルエットも美しい!

IMG_0087

1960年代のヴィンテージ商品ですので、フレームのコンディションも様々ではありますが、
今回のフレームは木部の質感も良いものです。

 

 

オーク材の特徴でもある、『虎斑』が奇麗に出ています。
オイルを入れますと、自然に飴色へと変化する過程を楽しんでいただけます。
IMG_0088

 

 
特に男性に座っていただきたいソファです。
クッション部分にスプリングが内蔵されており、その上からウレタンが巻かれている仕様です。
どちらかと言いますと、固さを感じる座り心地ではあります。

絶妙な角度により、リラックス効果を存分に感じることが出来る、長時間座っても疲れない椅子。

2時間座らなければ分からない・・・と言われますが、姿勢を保ちながら2時間座れる椅子は確かに少ないですね。

 

 

アームも自然に手を乗せられる絶妙な位置に付属してあり、幅広いデザインが手に馴染みます。

IMG_0089

 

 

 

座面の下は、オリジナルのシーチングとスプリングが付属しています。
IMG_0091

 

 

 

スプリング自体は、錆も無く、全てオリジナルで揃っています。
現代では、ウェビングテープで仕上げられているものが多い中、このような仕上げが施されていることに嬉しくなります。
IMG_0092

 

 

 

焼き印もしっかりと。
現代では、メーカー名などは全てプレートにより付属していますが、このような時代を感じることが出来る仕様は良いものです。

IMG_0093

Hans J Wegner(ハンス・ウェグナー)GE290A ハイバックチェア
幅75 奥行き85 高さ92(座面高)40 cm
本体価格:360,000円

 

ぜひ、店頭にて座り心地をお試しください。

 

【フェア予告】
9月17日(木)〜10月5日までの期間、『Jens H.Quistgaard(イェンス・クイストゴー)展』を行います。
ハービスプラザ ent でのオータムカタログでも取り上げていただきました、同シリーズ。
日常使いにも取り入れていただきやすい、ヴィンテージ陶器です。

『Leaf』シリーズを中心に、レアものも揃える予定。
ぜひ、お楽しみに・・・。

hokuo_style

Share on Facebook

お問い合わせはこちら